獣の奏者♪

獣(けもの)の奏者(そうじゃ)。

少し前ですがNHKで”獣の奏者エリン”としてアニメ放送されていましたので、ご存じの方も多くいらっしゃると思います。(最近も再放送してるかな?)

初めてこのアニメを見た時は衝撃を受けました。

独特の世界観や、様々な人間模様、キャラがとにかく個々に立っていて、淡々として物語は進んでいくのに目が離せない。
これはタダものではないな。
NHKもやるなぁ…。と、思ったんです。

で、なんと原作がある!

上橋 菜穂子さんと言う方が執筆されているようで、おぉ!これは読まなくてはと、早速本屋に向かいました。

で、この獣の奏者。
闘蛇(とうだ)編から始まるこの物語は、冒頭よりスピーディーで激しく心がせつなくよじれるような形で始まります。

エリン(野に咲くリンゴの花の意味)本編の主人公ですが。
まだ冒頭では小さな少女が、力強く生き、まるでそれが実在する人物のごとく私たちをこの物語の世界へいざなってくれます。

その生き様といったら…激しい。しかし普段の私たちがそうであるように、巨大な権力にはあらがえないけれど、その抵抗の懸命さ。けっしてあきらめない心。そして生きる事へのひたむきさ…。

全4編からなるこの物語は見た目、結構ボリュームがあり、敬遠されるかもしれませんが、是非味わって欲しい。
きっと読み終えた後、読み終えてしまった事が残念でならなくなる!

人におすすめ出来る最高の物語です。



こんな良書なかなか出合えない。未だと言う方がいらっしゃいましたら是非読んでみてください。
きっと上橋 菜穂子ファンになること請け合いですよ♪

DSC_1566.jpg

ここから切なく激しい物語が始まります。少女エリンのかなしく激しく数奇な運命はここからです。








4冊セット。


外伝です。本編終了後、是非お読みください。

スポンサーサイト

テーマ : 紹介したい本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

獣の奏者って原作があったんですね。
あの独特感いいですよね。
OP/EDも結構好きです。^^

原作素晴らしいですよ。

コメントありがとうございます。

私もアニメを偶然観なければ、まったく知りませんでした。(笑)
(アニメの歌は私も好きです)

原作者の上橋 菜穂子さんは本当にリアルな文章を書かれる方で、世界観も緻密な表現で、読み手をグイグイと異世界へと誘ってくれます。この他に大きな物ではバルサシリーズという物もありますが、こちらも独特の雰囲気で非常に面白い、素晴らしい作品となっています。是非読んでみられることをお勧めします。きっと心に残る作品となるに違いないですよ。
FC2カウンター
プロフィール

BOOK

Author:BOOK
ようこそいらっしゃいました!BOOKと言います♪
多趣味でなんにでも手を出してしまう私です。
日々なんだかんだ、やっていることをなんとなく更新していきます。良ろしければ、ゆるい気分で読んでいってください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード