1/144HGUCHi-ニューガンダム

1/144HGUCHi-ニューガンダムを製作してみました。
今回の物はガンダムタイプですので、外装に関しては、先に全体の細かい部分を着色した後、仕上げに
半艶クリアー塗装を行います。
面倒なのですが、これを行わないと本当におもちゃっぽい感じになってしまいますので
我慢して行なっていっていきます。

全体の作り方は前例に倣うので割愛。
どんな感じで細かなエアダクト等塗装しているのかお見せします。
とはいえ、非常に簡単な方法です。

まず準備として、パッケージや説明書をよく見てエアダクトらしきものを見つけ出し筆塗りにて適当にはみ出さない
ように墨入れ(艶消黒等)やシルバーの塗装を施します。この時、はみ出しは一切気にしません。
また、ガンダム系に多い武器やダクト系などホワイトの部分に関しては、素材が白以外で成形されている場合
私はホワイト・サーフェイサーで地色を隠蔽した後、半艶クリアー塗装を行います。これで大丈夫です。

1.はみ出した部分は、写真のようにデザインナイフの腹で削り取ります。
  この作業で多少傷が入ったりしますが、この後半艶クリアーにより隠れてしまいます。
  なお、形状そのものを削ってしまうと、修正に大変な労力を費やすことになりますので、
  なるべく塗料のみ削り落すよう気を使い、とにかく丁寧に作業します。
P1000321.jpg

2.ホワイト・サーフェイサーで白くなりました。塗装はこの色をそのまま生かしますので行いません。
  カッパー色は手塗りで行っておき、完全に乾いたら半艶クリアー塗装を行います。
P1000322.jpg

3.この製品、パーツ分割により、盾の塗り分けが既にされています。素晴らしい。
P1000323.jpg

4.で、完成です。そのまま組み立てるよりより、ディティールが細かくなりました。
syuseiIMG_0339.jpg

なお、半艶クリアーはラッカー系ですので、下地の塗料も、当然全てラッカー系のもので行います。
間違ってもタミヤのアクリルなどで塗装してはいけません。塗料が浮いてきて(溶けてしまう)
ボヤボヤになっちゃいます。



スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

BOOK

Author:BOOK
ようこそいらっしゃいました!BOOKと言います♪
多趣味でなんにでも手を出してしまう私です。
日々なんだかんだ、やっていることをなんとなく更新していきます。良ろしければ、ゆるい気分で読んでいってください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード