SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「N・U・D・E EX」 MDR-EX90SL

台風一過とはいえ暑いですね~。さすが夏。

さて今回は、BOOKが今まで購入した品物の中で、特に思い入れのある品物をピックアップして、
なんだかんだ書こうと思います。(^o^)


SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー 「N・U・D・E EX」 MDR-EX90SL

IMG_0128.jpg
IMG_0129_20110721124551.jpg

実は当時、ヘッドホンにはあまり興味がなくコンポや携帯音楽プレーヤーをひたすら探し求めていました。
買って聴いてみては、このプレーヤーはイマイチだとか、じゃあこっちはどうだろうとか…。
当時コンポは2台、音楽プレーヤーはアップルやビクター、東芝6~10台くらい持っていたと思います。

その中で最も耳にあったのがSONYのウォークマン。

しかし、ようやく見つけた好みのプレーヤーですが、何か物足りない…。
そうです、肝心の出力部分であるスピーカーに凝っていなかったんですね。
それまではコンポは超古いヘッドホン、携帯音楽プレーヤーでは付属ヘッドポンで聴いていたんですね(笑)

…まあその反省を十分踏まえて、じゃあ高価なヘッドホン。1万円を超えるものなら(今では外国製も含め5万とか平気でありますが、当時1万円を超えるヘッドホンはそんなに多くはありませんでした)良いのではないか…と、考えて選んだのが今回紹介するMDR-EX90SL。

そもそもカナル型は音が良いと言う事は理解していたし、SONYのHPを見ても、これ当時SONYのカナルの中では最上級モデル。
その上職人さんが1個毎に手作業で調整している、もちろんMADE IN JAPAN。おまけに当時初のアルミハウジング!かっこいい~!

でまあ、当時ヘッドホンに一万以上も使うのか!?という気持ちは強かったものの、思い切って購入しました。
まあ、そもそもドンシャリ系が好きなBOOKとしてはSONYの最上級カナルは自然な選択だったと思います。

で、届いてまず驚いたのは専用皮ケース。
あ~やっぱ高級は違いますね~っと、思いながらいつも聴いている曲を聴いてみました。
再生機はポータブルCDプレーヤー。

…いや、ビックリしました!

音の粒子が立っている。

今まで聴こえなかった楽器の音が聞こえる。

なんといっても音に立体感があります。
どういうことかと言うと音の定位、つまりボーカルの位置、ギターの位置、ドラムの位置などが判るのです。

鮮烈でしたね。

今まで再生機にばかり目が行っていたBOOKは自分のバカさ加減にうんざりしたのを覚えています。

そもそもこのヘッドホンはモニターシリーズ。つまりスタジオ録音の際使用できるよ(ま、実際ないでしょうが)
と銘打つものですので音の解像感、定位にすごく力を注いでいる。そんなヘッドホンです。

実際聴いてみても、その性格ははっきりしています。
音楽を楽しむと言うよりは音を解析する用途に向いている。
勿論モニターライクな音が好きな人はこのヘッドホンは凄く楽しい相棒となるでしょう。
実際、情報量の多い楽曲を聴く時はBOOKはこれを引っ張り出しますから、BOOKはモニターライクな音が好きな部類に入るでしょうか。

現在iPodがここまで広まり、高価なヘッドホンが売れ、巨大市場を築いています。
(アップルの付属ヘッドフォンはそりゃ~もう酷さの極みですから、音質うんぬんの前にまともに再生する事さえ出来ない)

しかしながら、これだけいろいろなカナルが出ている中、BOOKは先駆者としてこの国内高級ヘッドフォンを開発した当時のSONYの心意気に称賛を送りたいと思います。実際に性能もいまだ十分なものを持っています。

*残念ながら今回紹介のヘッドホンは生産中止となっており新品は手に入りません。
でももし近くの古びたお店で見つけた方は当時のSONYの物づくり魂に触れられるチャンスです。
懐に余裕があれば是非どうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

BOOK

Author:BOOK
ようこそいらっしゃいました!BOOKと言います♪
多趣味でなんにでも手を出してしまう私です。
日々なんだかんだ、やっていることをなんとなく更新していきます。良ろしければ、ゆるい気分で読んでいってください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード