風の谷のナウシカ

思い入れシリーズ第二弾(笑)

漫画版 風の谷のナウシカです。

持っているのはワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
最初に購入したものが古くなったので買い直ししました。
IMG_0131.jpg

全7冊がBOXに入っています。
IMG_0132.jpg

さてみなさん、映画「風の谷のナウシカ」。
これは、かの有名なスタジオジブリ宮崎駿 監督作品であることはご存じの事と思いますが、
年代的に知らない方もいらっしゃると思いますので念のため書いておきます。

この映画、実は原作があります。
それも、あの宮崎監督が現役バリバリの頃、直接月刊誌アニメージュと言う雑誌に連載していたものです。

…それが、今回ご紹介の漫画 風の谷のナウシカ。

あの宮崎監督が描くと言う事で話題になったのはもちろんですが、この漫画が掲載され始めると当時のアニメファン(アニメオタクとは言わない)の間で、その世界観や訴えるものの凄さ、キャラの素晴らしさから一大ブームが沸き起こりました、その結果映画化という道に進む事になったのですが、実はこの映画版、原作版とはまったく違うお話になっています。

大枠のキャラ設定は同じなのですが、大きく違うのは映画版では王蟲の暴走によって大海嘯が起き、それをナウシカが身を持って制する。
と言う所でエンドロールですが、原作版ではここに「粘菌」という物が出現し、これが大海嘯の引金となっています。
また、各民族の種類や役割も違い、映画版には存在しない「森の人」、「土鬼」など世界に対し微妙な立ち位置の民族も登場し物語を盛り上げます。
ちなみにトルメキア王国でのクシャナの立場も詳細に描かれ非常に見ごたえのある内容となっています。

映画版が制作されたころ連載はまっただ中、この人気を逃すまいとの大人の都合もあったのでしょうか?
原作に比べれば、映画版はお世辞に言ってもかなり省略され、強引なストーリーとなってしまったのはしょうがないのかもしれませんが、BOOKはこの原作版こそが”本当のナウシカ”だと思っています。

ネタバレはしたくないのであえて書くのを控えますが、ラストは誰もが衝撃を受ける事間違いない。
物語も複雑な人間関係を描いており非常に深い…。
どちらかといえば大人向けの漫画ですが、まだ読まれた事の無い方がいらっしゃれば是非読むことをお勧めします。きっと「なんでこのストーリーで映画化しなかったの?」と思いますよきっと(笑)

BOOKは未だにこの原作版が映画化されないかな~っと願っている一人なんです(3部作くらいで)
宮崎駿監督!引退前に是非お願いしますm_ _mまだやり残してます!

この夏読んだ、最高の漫画となること請け合いです↓

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

BOOK

Author:BOOK
ようこそいらっしゃいました!BOOKと言います♪
多趣味でなんにでも手を出してしまう私です。
日々なんだかんだ、やっていることをなんとなく更新していきます。良ろしければ、ゆるい気分で読んでいってください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード