SHURE SE215レビュー♪

SE215が気に入ってしょうがない…♪
最近コレばっかで聴いています。

と、いう訳で再びレビューです。

色は2色あり、今回購入したのはトランスルーセントブラックというやつです。
要は濃いスモークですが、なかなか高級感もあり良い感じです。
もう一色はクリアですが、こちらも一風変わっていて、内部構造が良く見え、なかなか楽しい感じでした。

一見妙な形ですが、この形が人間の耳の型にピッタリと収まります。エルゴノミックデザインというやつですね。
一旦装着してしまうとなかなか外れません。
非常に優れたデザインです。
IMG_0209_20110809141705.jpg

ハーネスが断線した際に、ケーブルだけ交換可能なように、本体とケーブルは着脱式となっています。
このクラスでは、このSHUREのモデルだけに採用されている高級装備です。
ただし、交換ケーブルが1万円もするので本体を購入するのと変わりがなく、あまり意味がありませんが(笑)

まあ値段はさておき。優れた点は、この部分で本体とケーブルが自由に回転することができることです。
このことによって非常に装着がやり易くなっています。
(本体を耳に入れ、クルリとケーブルを耳へ添わせる事が可能)
IMG_0210_20110809141710.jpg

付属のイヤホンチップは、シリコン・フォームタイプ合わせて6種類。
材質をどちらにするかは基本的に自由ですが…。

シリコンだと、音は明るく解像感のある方向へ
フォームだと、音は低音寄りでややブーミーさが出てきます。ただし情報量は圧倒的にこちらがあります。
遮音性は当然フォームタイプの方があります。

…よくネットレビューなど見ていると、たまに期待はずれという方がいらっしゃいますが、標準で本体に付いてくるのがフォームタイプなんですね。なので、いきなり聴き始めた場合、籠った感じとブーミーさがあるこのフォームでそのまま使用してしまうと音が微妙と感じられてもしょうがなくなってしまう。
クセがあるんですよ、フォームには。
その点シリコンだとクリア感もあるし、解像度も出るから多分国産なんかの普通のイヤホンを聴いてきた人にとっては違和感はない。
ちょっと残念な話ですが、良く聴きもせずチップもそのままでレビューなんかしてる人を見ると、あぁこの人損してるな~っと思いますね…。

ま、それほどハッキリと音質が変わります。
BOOKはとっかえひっかえ試しましたが、通常J-POPなどはシリコン使用の方が好感触でした。
ただクラシックなどはフォームの方が合うかなと思いました。
IMG_0212.jpg

ちなみにチップの交換ですが…。
硬い!
すごく硬い!
こんなに硬いのは初めてです。はじめ接着されとんのかいな?と思ったくらいに外しにくいです。
外す時は非常に神経を使いつつ大胆に力を籠めないと外れません。
はめるときはスっとハマるんですけどね。このあたりは改善して欲しい箇所ですね。
IMG_0213_20110809141720.jpg

ちなみに最初見た時に、なんじゃこりゃ?って棒が付属しているんですが、これはステム内のゴミを掃除する棒です。しかし、この形からまさか掃除棒だとは想像つきませんね~。
IMG_0214_20110809141725.jpg

SE215。本当に気に入りました♪。もっと早く購入すれば良かったです。
真面目な話、このイヤホン2万円くらいの価値があると思います。国産でこの性能は出せて居ないと思いますよ。
1万円くらいで良いイヤホンが欲しいと迷ったなら、これを買っておけば間違いないです。
IMG_0215_20110809141730.jpg

このイヤホンが1万円以下とは…驚きです。本当ガンバレ日本!って感じですね…

スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

BOOK

Author:BOOK
ようこそいらっしゃいました!BOOKと言います♪
多趣味でなんにでも手を出してしまう私です。
日々なんだかんだ、やっていることをなんとなく更新していきます。良ろしければ、ゆるい気分で読んでいってください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード