Shure SE535 きた~♪

SHURE SE535…。発売は1年前とはいえ当初6万円弱で売られていた代物です(笑)

一般的にヘッドホン(イヤホン)は高い程音質が良いと言われていますが、これはプラシーボ効果も手伝って結構みなさん感じる様で、価格.comなどのレビューを見ても、それが顕著に表れたりしていますね。
まあ高いお金を払って、全然良くなかったと思う事自体に抵抗があるのは判りますけど、本来のレビューにひいき目が表れてしまうのもどうかとも思うんですがね。

そんなことを言いながらも、ハイエンドの名に釣られてBOOKも結局買っちゃった訳ですが…(笑)

話をもとに戻すと、ヘッドホンの音質なんて以下の項目が、どれだけ聴いた本人が気に入るかどうかにかかっている訳で、それほど高価なものでなくても、本人が満足できればそれで良しというところが落としどころ。
まあ、いろんな耳がある訳で、ヘッドホン選びがおもしろくなっている要因にもなっています。

●BOOKの考えるヘッドホン(イヤホン)の良し悪しを決定する要素。

全体要素
1.無音の際、ホワイトノイズが発生するか?
2.装着感はどうか?ズレにくいか?
3.音漏れはどうか?
4.デザイン
5.色
6.ケーブル長は適正か?

高音域
1.クリアか?
2.伸びやかか?
3.耳に音が刺さらないか?
4.解像度

中音域
1.ボーカルはふくよかで伸びはどうか?
2.高低音に音が埋もれていないか?
3.音に艶があるか?
4.解像度

低音域
1.ボリューム割れはしないか?
2.楽器の特定はできるか?
3.籠らないか?
4.音は豊かか?
5.ドライブ感は?
6.適度に締まっているか?
7.色気はあるか?
8.解像感

こんなところとなります。
ただ、上記をすべて表現できるヘッドフォンはBOOKが知る限り存在しません。

一般的に色気と解像感は相反するものです。
解像度を上げると、一般的に言って音はドライで冷たい方向へ行きます。
反対に色気のある音というのはややブーミーさも必要で、フォーカスがややボケた感じが丁度良く感じるのです。

あと、ここに聴き疲れという要素が入ってきます。
キンキンに冷えたビールは最初は美味しいけどあまり連続で飲みすぎると体が冷え切ってしまう。
適温に冷えたビールは最初のインパクトは少ないものの長時間楽しめるとか、そういった感じでしょうか?

あまりに解像感があり音の分離も良いものは、最初おぉ~っと思うのですが、慣れてくると長時間のリスニングには向かないなと言う事がだんだん判ってきます。

何故こんな話をするかと言うと、今回購入のSE535がまさにコレ。解像度番長だからです。
とにかく解像度を一番に考えて作られているためキャラとしては華やかで明るく、ハッキリクッキリという代物です。

…と、まあ前置きはこんなところで早速SE535をレビューしましょう(笑)


まず、開梱~♪

IMG_0217_20110810103251.jpg

あ~なんて高いイヤホンなんだ…。
IMG_0218_20110810103256.jpg

お~出てきた♪
IMG_0219_20110810103301.jpg

じっくり眺めて…
IMG_0220_20110810103306.jpg

ふむふむ、裏はこんなんか…。そういやSHUREってマイクの老舗だったな。
IMG_0221_20110810103311.jpg

では、早速中身をって!
なんだ、これは?ずいぶん重量感があると思ったら、なんと内箱がアルミ製ではないか!
過剰包装~。これやめて安くしろよ~SHURE!
IMG_0222_20110810103316.jpg

まぁ、気を取り直してっと。お~丁寧な梱包だ、さすが高いだけある(笑)
色も高級感があってなかなか良いではないか♪
IMG_0223_20110810103321.jpg

付属品のキャリングケース。
IMG_0224_20110810103327.jpg

他にはイヤホンチップ4種類、クリーニングバー、ボリュームコントローラー、飛行機の座席用プラグ、
標準プラグ変換アダプタですね。
イヤホンチップはなんと、3段きのこが付いていますねぇ。一度試してみたかったので非常に嬉しいです。
IMG_0225_20110810103331.jpg

王者のたたずまい…。
IMG_0226_20110810103336.jpg

というわけで、詳細なレビューはもう少ししてからと言う事で、とりあえず初見。
ソースはCD直聴き。

正直、おぉ!と言う感じはありません。
解像感もSONYのモニター機と同程度ですね。
ふ~んこれがB/A機かぁ~。
音質自体は値段分はあると思いますが、これでないといけない訳でもありませんね、D型でも匹敵するものはいくらでもある。そんな感じです。

で、ちょっとケチをつけた所で褒め所。
一応キャラとしては解像番長。非常にモニターライクで冷たい音色だろうと想像していたのですが、良い意味で裏切られました。やはり暖かい。まごうことなくSE215と兄弟です。
これであれば、十分リスニングとして活用できると思います。
それと、クリア感が素晴らしい。上にも書きましたが解像度が上がると冷たい印象の音になる筈なのですが、うまく調整されていますねぇ。安心して聴ける音です。
やや、激し目の音楽も余裕で流している感じ。

ふ~ん、これがハイエンドクラスなんですね♪大人って感じです♪

でもまあ、これでようやく長年にわたるヘッドフォンスパイラルを抜け出せそうですね。
これが、ハイエンド。終着点ですから…。




スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

BOOK

Author:BOOK
ようこそいらっしゃいました!BOOKと言います♪
多趣味でなんにでも手を出してしまう私です。
日々なんだかんだ、やっていることをなんとなく更新していきます。良ろしければ、ゆるい気分で読んでいってください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード